ネイリストの仕事

ネイルケアやカラーリング、人口爪作りなどを行うネイルの専門家を「ネイリスト」と呼びます。お客様の好みやファッションに合わせて爪をデザインするだけではなく、ときにはマッサージや二枚爪などにも対応します。
ネイリストの魅力はなんといっても、おしゃれでクリエイティブだということですね。持ち前のセンスを活かしながら、お客様の好みやファッションに合ったネイルアートを生み出す、なんとも創造的なお仕事です。さらに「ネイル技能検定試験(1〜3級)」を取得すれば、職場の憧れになること間違ありません。

ネイリスト講座

講座の中でも、圧倒的に多いのは英語と美容関係かな、などと数えたわけでもないですが、ぱっと見、そんな気がします。わたしたちの美への飽くなき欲求は、きっと永遠に不滅でしょう。

ネイリストという、お客様の爪や指先を美しくするプロの人たちがいます。ネイルアーティストともいいます。爪は小さいスペースですが、意外に目立つところ。そこでセンスのいいネイルケア・ネイルアートが注目されるわけです。

ネイリストになるための講座は多々あります。ネイリスト講座では、基本的なネイルケアの知識や技術を学びます。さらにネイリストは、爪という小さなスペースでお客様に満足をいただけるようなアート性、独創性なセンスも必要。そういった部分も、もちろん講座において指導を受けることで洗練されていくでしょう。

ネイリストは、ネイルサロンの他、ヘアサロンやエステサロン、ブライダルサロンなど需要が多々あります。ネイリストを夢みている方は、まずは講座で学んで実力を身につけて。夢への一歩を踏み出す機会はいつでもあります

ネイリストになるには

ネイリストとは、お客様の爪や指先に「美」「アート」を施すプロの人たちです。ネイリストになるには、ネイリスト講座で、必要な専門的知識・技能を学ぶ必要があります。さらに講座での課程が修了したら、日本ネイリスト協会が行う「ネイリスト技能検定試験」という試験にチャレンジするといいでしょう。

ネイリスト技能検定試験には筆記試験と実技試験があります。おおまかにいえば、1級はトップレベルのネイリスト、2級はサロンワークで通用するネイリスト、3級はネイリストとしてのベーシックな技術や知識を身に付けているという認定がなされます。なお、1級は2級合格者でなければ受験できません。

ネイリストになりたくても、まずは実力がないとお客様に喜んではもらえません。ネイリストになるために講座もたくさんありますが、講座で知識や技能は教えてくれますが、それを本当に身に付けていくには、本人のやる気と根気が必要。そればかりは講座では教えてはくれませんので、ぜひ自分を叱咤激励して、夢を叶えてくださいね。

女性が第一線で働ける

女性らしさを存分に生かし、技術とセンスがあれば、年齢関係なく第一線で働き続けることができるのがネイリストです。ネイリストは、女性が仕事に求める条件を備えた職業かもしれません。
ネイリストになれば、ネイルサロンに勤めるだけではなく、多様な働き方を選べるのもネイリストの特徴です。自宅でサロンを開業したり、美容院やブライダル関係に就職したりと、いろんなところで活躍のチャンスがあります。
また、手先が器用な日本人ネイリストの技術は海外でも高い評価を受けています。ネイリストの可能性は無限大です。

スポンサードリンク